幕張から志布志へ『呑み処 食べ処 やまてん』

幕張から志布志へ『呑み処 食べ処 やまてん』

志布志市商店街に『呑み処 食べ処 やまてん』がオープンしました!

令和元年5月にオープンした「やまてん」さん。

今回は、オープン前の改装時からオーナー宮内さんのお話を伺い、応援させていただきたく

オープンまでの道のり、宮内さんの人となりを記事にさせていただきました♪

初めての苦情!?は「安すぎる!」

なんと、梅雨明け宣言までランチが500円!!このボリュームと味で圧倒的なコスパ!

お急ぎください♪

▲令和元年に志布志市志布志町志布志にある志布志市商店街にオープン!

 

どうして幕張から志布志へ!?

幕張での「やまてん」当時の常連さんからの声援!!

オーナーの宮内淳一さんは、8年前まで千葉県の幕張で同じく『やまてん』という居酒屋を10年ほど奥様とされていました。
お話ししていてもすぐに伝わってくる優しいお人柄や、料理の味に地元でも人気のお店だったようです。

居酒屋の前にも、1日6000食ものお弁当が出される仕出し屋さんでも働かれていた宮内さんの料理の腕は確かなもの。

「幕張のやまてんに通ってたものです!!マスターの料理は最高です!志布志の方がうらやましい!!」

お店オープンの記事(フェイスブック:志布志市商店街イベント情報)に、こんなコメントもありました♪

学生さんからの恩返し、今でも繋がる想い

幕張でのお店の常連さんには、学生も多く、お金に余裕のない学生達によくおいしい料理をサービスしていたようです。今回志布志に新店をオープンするということを聞きつけ、“当時の学生がオープンに必要なものなどたくさん送ってくれた” という心温まるお話を教えて下さいました。

息子さんからのお誘いがきっかけで、縁あって志布志へ

今年で61歳の宮内さんは、視覚に障害があります。幕張でされていたお店は、階段で上らないといけないビルの上階。膝の悪い奥さん、ご自身の目も悪化し、やむなく閉店することになったそうです。

そんなとき、宮崎県高原町に住んでる息子さんから「こちらにおいで」と誘われて移住しましたが…

高原町は山に囲まれた町、趣味の釣りもできず海を求めて

宮崎市~日南市~串間市~  志布志市 へとたどり着いたそうです。

ようこそ志布志へ☺

就労支援施設の皆さんとの出会い~生きがいを求めて~

宮内さんは、志布志市に移住して就労支援施設に通われていました。優しくして下さるスタッフの皆さんに囲まれて、仕事をしていた時からすると物足りなさも感じられていたようです。

大好きな趣味は魚釣り!!

釣ったたくさんの魚を目の前にして、また以前のようにお店をしたい

とふつふつと想いが込み上げてきました。

 

 

志布志で「やまてん」オープン!!

志布志に移住して7年目の 令和元年5月10日 に、念願のお店がオープンしました♪

 

志布志市商店街に「やまてん」現る!

ご自身も行かれていた就労支援施設の皆さんに改装から協力してもらって、志布志市商店街に「やまてん」がオープンしました。

お店は今も、就労支援施設の実習の場にもなっています。

「味には自信があるけど、目が見えにくいから上手に盛り付けが出来ない」

と悔しそうにお話しされていましたが、
みなさんで協力し合って作り上げたお店は、思いやりや優しさでいっぱいの雰囲気です♪

ランチが500円!?※梅雨明け宣言までなので急げ~!!

 

▲な、な、なんと、ただ今ランチ 500円 !!! ▲ランチは、日によってメニューが変わります!初めての苦情!?は「安すぎる!」

 

ワンコインでビックリするほどのボリューム♪

カウンターもあるので、お一人様でも気軽に入れますよ!

 

▲カウンターごしに、宮内さんとのお話も楽しめます♪魚以外のメニューもありますので、苦手な方もご安心ください☺

新鮮な魚がランチへ!

釣りが大好きな宮内さんは、「釣りバカ日誌」の作者とも釣り仲間だそうです!

「先日釣りに行ったときは、アジが21匹、イサキが15匹…」
お店に行くと、釣りの事を楽しそうにお話しされます

毎回たくさん釣れるなんて凄腕の持ち主です!!

新鮮なお魚をはじめ、漁師さんに譲ってもらったり

「志布志には良い食材がたくさんだから、地元の魚やお肉や野菜を使って、みんなに新鮮なものを安くでおいしく提供したい!」とお話しされています。

 

▲イサキ30㎝から40㎝が10尾と25cm前後33尾でした。船中シイラ、良型マダイ、コショウダイ4キロ、アジなど多彩な釣果でした(5月28日の宮内さんのブログより)

▲サービスランチ、イサキの塩焼き定食 500円(^^)/(5月28日の宮内さんのブログより)

お昼はランチを、夕方からは居酒屋として生ビールをはじめ、焼酎、カクテル、酎ハイ、ハイボールなどアルコールも豊富な種類を取り揃えています。

メニューにない料理も、「材料さえあれば作りますよ~!」と、笑顔でサービス精神満点!!

※魚以外のメニューもありますので、苦手な方もご利用いただけます♪

食事の後は、お客さんと会話をしながらお見送りをしたい

宮内さんは、人と人との繋がりを大事にして、気軽に集まれるようなお店にしたいと言われています。

お客さんとのコミュニケーションを大切に、楽しみにされています♪

ご来店の際は、お気軽にお話しされてみてくださいね。

間もなく志布志の夏そばも提供されるそうですので、お楽しみに~!!

 

▲夏のスタミナそば(夏そば提供期間のみ)

 

取材を終えて

宮内さんとお話をしていて、すぐに宮内さんの優しいお人柄が伝わってきました。今回志布志での『やまてん』のオープンは、宮内さんの熱い想いや、それに共感した今まで出会われた多くの方々にも支えられて実現され、今もなお幕張での常連さんに 愛され” 応援され “志布志をうらやましがられている”  すごく素敵なストーリーだと感じました。

これからも多くのお客様で囲まれるお店になりますよう、陰ながら応援させていただきます。

人生初のブログ、至らない点もございますが最後まで読んでいただきありがとうございます。今後も商店街店舗紹介を中心に、記事を書かせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

【店舗詳細】

『呑み所 食べ所 やまてん』

住所:志布志市志布志町志布志2-2-23

電話:099-401-6555

ランチ :11:30~14:00

ディナー:予約のみ(18:00~22:30)

定休日 :土・日(予約があればご利用いただけます)

※PayPayもご使用いただけます

オーナー宮内さんのブログはコチラ

お店紹介カテゴリの最新記事