漬け者

漬け者とは?

小さい頃は苦手だった「漬け物」

大人になると、ご飯にお味噌汁、漬け物がある食卓が一番好きになり、幸せだなぁと思うようになりました。

「漬け物」みたいな大人になったからこそ分かる良さが、これからもたくさんあるんじゃないかな?と思い、

志布志の「何かにハマっている最高に楽しい大人」を取材し、「○○漬け者」として紹介します。

 

いいね!の数で企画を考えます!一緒に漬け者体験しましょう!

 

漬け者のルールは、私たちが最初の一歩である「ワークショップ」に参加すること

私たちの参加レポートを見て、「やりたい!」と思ったら記事内の「いいね!(♡ボタン)」で表現してください!

既定の数「いいね!」が集まると、企画を考案!一緒にワークショップで体験してもらうことを目標にしています。

企画化した場合、わたしぶ上で募集します。

今まで知らなかった「良さ」を体験し、一緒に「漬け物体験」しましょう!

もちろん、紹介したワークショップ以外にやりたいことがあれば、コメント欄でどしどしお寄せください。

志布志の「漬け者」が新たな「漬け者」を呼び、そしていずれ「志布志漬け」になってもらうことを願って!

【革漬け者】伊東さん

志布志市役所の目の前、シューズイトウの伊東さん。
「どげんかならん?」
と靴やカバンの修理の依頼が後を絶ちません。
伊東さんがなぜ革にハマったのか、伊東さんの波乱万丈な人生記から紐解くと、
伊東さんの優しいモノづくりが見えてきました。