【2019年お釈迦祭り】志布志のGWといえばお釈迦祭り!GWのイベント紹介も

【2019年お釈迦祭り】志布志のGWといえばお釈迦祭り!GWのイベント紹介も

4月の志布志と言えば、そう!「お釈迦祭り」ですよね。

7月のみなと祭り、11月のやっちく秋の陣祭りと並ぶ、3大祭りのひとつ「お釈迦祭り」。

たくさんの出店、シャンシャン馬に乗った花嫁を先頭にたくさんの人が参加するパレード、音楽や踊りが披露されるステージなど、志布志がわーっ!と賑わうイベント。

私も、昨年初めて参加しました!

今年も、4月29日にお釈迦祭りが開催されます。

お釈迦祭りに詳しくなって、4月29日を楽しんじゃいましょう!

また、GWはお釈迦祭りだけじゃない!5月3日に新しくオープンする、漁師飯勝吉丸と、5月6日に開催されるイベント「こどもの日イベント」についても紹介しますよ~!

志布志のお釈迦祭りはこんなイベント!昨年の様子を紹介

まず、紹介したいのがこちらの動画。

志布志のお釈迦祭りを、外国の方向けに紹介した動画ですが、当日のお祭りの雰囲気がとても良く分かります。

では、詳しく見ていきましょう!

お釈迦祭りの見どころ① シャンシャン馬は必見!たくさんの人が参加するパレード

お釈迦祭りは、朝のパレードから始まります。

お釈迦祭りと言えば、シャンシャン馬に乗った花嫁さんのイメージですよね!

▲留袖のきれいな花嫁さんが、花婿さんに手綱を引かれ、シャンシャン馬に乗って歩きます。

このショットが多く使われますが…なんと総勢1,000人(!)が参加するそうです!

中には、ハンヤ踊りを踊りながら歩いたり、神輿を作ったり…大勢の人がパレードに参加します。

私が楽しみにしているのが、稚児行列!

衣装を着て、かごにのって行列に参加しているのですが、ゆりかごに乗っているような気持ちになるのでしょうか、

寝ている子がいたりして、自由にやっている姿がとってもかわいいんです。(笑)

パレードを一緒に楽しみましょう~!

お釈迦祭りの見どころ➁ ステージや出店でゆっくり楽しむ

パレードのゴールは宝満寺。パレードの出演者紹介を皮切りに、夜までステージで催し物があります!

ダンスやバンド演奏、ジャズ演奏、カラオケ大会などなど、どの時間に行っても楽しめること間違いなし。

ステージは、「宝満寺ステージ」のほかにも平川やの内科横の「商店街ステージ」もあります。

メインステージもいいですが、ゆっくりするなら商店街ステージもおすすめですよ。

出店は、なんと150店舗(!)

宝満寺横から、商店街まで徒歩30分の距離にず~っと出店が出ています。

宝満寺横が一番人通りが多く、「THEお祭り!」という雰囲気が味わえて、商店街の方は少しゆったりしている印象。

金剛寺横では、ゆるキャラが大集合!大人気ししまるもゆるキャラブースに登場しますよ~!

子どもたちと一緒にできるミニゲームなど、子どもたちが楽しめるイベントも盛りだくさん。

いろんな楽しみ方ができるのも魅力ですね!

お釈迦祭りの見どころ③ 全国1位のどんぶり「黒豚三昧丼」も参加!グルメイベントはお早めに

大慈寺横で行われる「平成最後のグルメだよ全員集合!」

15種類のどんぶり・11種のスイーツを楽しむことができます!

どんぶりが500円均一・スイーツが300円均一というお手頃価格なのも嬉しいですね。

毎年大盛況のこのコーナー、本当に人気メニューはあっ!という間に完売してしまいます。

10時スタートなので、お目当てのメニューがある方はお早めにお越しください~!

▲11番の黒豚三昧丼は、全国ご当地どんぶりグランプリで優勝を果たした丼ぶり。売り切れ必須なので急いでくださ~い!

▲スイーツメニューも豊富!森元豆腐店さんのとうふドーナツ、大好きです!

お釈迦祭りの見どころ④ 甘茶かけで無病息災。年の数だけかけましょう!

お釈迦祭りは、旧暦の4月8日に行われるお釈迦様の誕生祭。

お釈迦様に「甘茶」を年の数だけて、1年の無病息災を願います。

「年の数だけ」というのに、「大変!」と思う方もいるかもしれませんが、赤いひしゃくは10歳分。

気軽に立ち寄ってみてくださいね。

▲夜は夜で、雰囲気あります。提灯に照らされたお花がきれい。

お釈迦祭りの見どころ⑤ 夜は夜で、しっぽりと。竹灯籠が灯ります

昼の来場者が多いお釈迦祭りですが、夜は橋に竹灯籠が灯り、幻想的な雰囲気に。

竹灯籠は、宝満寺の境内まで続き、とっても綺麗です。

ステージも出店も、夜までやっています。

人ごみが苦手なら夕方から楽しむのもいいかもしれません。

2019年お釈迦祭り詳細情報 当日のパンフレット・交通規制情報

2019年のお釈迦祭りは、抽選で豪華賞品が当たるスタンプラリーや、

昔、お釈迦祭りで男性から女性に告白の品として渡していた「真田ヒモ」を使用したワークショップがあるそうですよ~!

詳しくは、志布志市観光特産品協会のFacebook↓をチェック!

2019年お釈迦祭り当日のパンフレットはコチラ!

当日は、交通規制がありますので注意してくださいね~!

また、シャトルバスの情報も載っていますので、行く前にチェックしてください!

何気に疑問?甘茶がけの「アマチャ」って何?

個人的に疑問だったんですが、「甘茶」って何?って思いませんか?

「何のお茶なんだろう」「甘いのかな…?」と気になっていました。

調べてみると、とってもきれいな…アジサイ!!?

ユキノシタ科アジサイ属の「アマチャ」という植物で、長野県が主要な産地だそうです。

「ヤマアジサイ」が甘くなった変異株なんですって!(普通のアジサイは甘くなく、飲めません!注意!)

この葉っぱを発酵させてお茶にします。

ですが、発酵前の葉っぱに含まれている成分は、なんと「苦い」!

これを発酵させると、酵素の作用で分解され…苦い物質が砂糖の1,000倍もの甘さになるそう。不思議ですね~!

GWの志布志はまだまだ終わらない!かき小屋OPEN&こどもの日イベント

4月29日のお釈迦祭りが終わっても、GWの志布志はまだまだ終わりません!

5月3日 志布志の岩がきが味わえる!「勝吉丸」がオープン(要予約)

志布志は、平成26年から岩がきの養殖に取り組んでいます。

今まで、食べる所がなかった岩がきですが、このGWにオープンする「漁師飯 勝吉丸」で食べることができます!

また、詳細はUPしますが、こちらもぜひ行ってみてくださいね~!

▲場所は、漁協横。前に「びろう」があった場所です。青い建物が目印!

▲手のひらくらいある大きなかき…!!!!(じゅるり)

勝吉丸…ん?と思った方も多いのではないでしょうか。

そうです、志布志の銀座街にある「勝吉」さんが営んでいます!

かきを味わえる海鮮BBQ以外にも、海鮮丼、一品料理、アヒージョ(!)など、海の幸を味わえるそう。

楽しみです~!

営業日 土・日・祝 11:00~14:00(5月~8月の期間限定)

    ※要予約です!3日前までに連絡をお願いします。

お電話 099-472-5637(漁師飯 勝吉丸)

場所  〒899-7102 鹿児島県志布志市志布志町帖6617−23(地図はコチラ

5月6日 子どもの日イベント「チョークお絵描き大会!」

5月6日には、志布志市商店街で「こどもの日イベント」がありますよ~!

チョークで駐車場にお絵描きをして、アートコンテストを行い、緊急車両でわーっと洗い流しちゃおう!というイベント。

年齢制限なし・参加費無料なので、奮ってご参加ください♪

詳しくはコチラ↓から!

今年のお釈迦祭りも楽しみですね!欲しい情報・おすすめ情報などありましたら、コメント欄にてどしどしお寄せください。

GWにはお釈迦祭り・かき小屋OPEN・こどもの日イベントと盛りだくさんの志布志。

10連休を楽しみましょう~!!

イベントカテゴリの最新記事