3年に一度の民俗芸能大会…めちゃくちゃ面白かった!!感想レポ!!

3年に一度の民俗芸能大会…めちゃくちゃ面白かった!!感想レポ!!

昨日、1月20日にやっちくふるさとセンターにて民俗芸能大会が行われました。

私は、影アナとして、僭越ながらアナウンスを担当させていただきました。

民俗芸能って、あんまりなじみがないな、と思っていたのですが、

「とっても面白かったー!!!」

予想を上回る面白さでしたので、皆さんに紹介します!!

3年に1度行われる、民俗芸能大会。次は2022年開催予定なので、貴重な映像ですね。

アナウンス席からの動画なので、真横からのアングルですが…ぜひご覧ください!

OP 竹太鼓【癒し…保育園生がかわいく千本桜】

松山やっちく会のみどり保育園、年長さん7名が千本桜を披露!

竹太鼓の披露の後は、女の子は鳴子・男の子は大太鼓に分かれ、かっこよく舞いました。

たくさんやることがあるのに迷いなく演舞をする様子を見て、たくさん練習したんだなぁと思う演舞でした。

▲大きな旗をもって入場。手を伸ばすと背丈の倍くらい!旗を振って、竹太鼓を叩き、鳴子でダンス…練習を頑張った様子が良くわかりました!

1.蓬原熊野神社神舞保存会【舞台の早替えにびっくり!】

2年間取材している蓬原熊野神社の神舞。

あっという間にしっかりした舞台ができることに感動!

小学生2名が、立派に演舞を行いました。

▲披露したのは、山舞1番・2番。他にもたくさん舞があるんです!堂々とした演技に拍手でした。

2.安楽正月踊り保存会【お腰に着けた…メロンパンナちゃん!?】

安楽正月踊りは、五穀豊穣・安産祈願のために奉納されている舞です。

鹿児島県の無形民俗文化財に指定されていて、国際民俗芸能フェスティバル九州大会にも出演したことが。

2月の第2土曜に山宮神社・日曜に安良神社で奉納されるので、ぜひ行ってみてくださいね!

▲昨年は、雨の中の奉納になりました。山宮神社での奉納はまた、一味違って神聖!多くの人でにぎわいます。

昨年も取材に行ったのですが、今回初めて気づいたこと…「腰にいろいろ付いてる!!」

メロンパンナちゃんやオラフが付いていること、今回初めて気づきました!

子どものためなんでしょうね!

▲チョッパーも発見!!びっくりしました!!

3.山重校区棒踊り保存会【子どもたちがカッコイイ!時代劇のよう】

山重校区の棒踊りは、昭和33年ごろから伝わるも、一度途絶えることに。

平成16年に保存会を結成し、校区の夏祭りで小学生が披露しています!

踊りを見て…小学生が何倍にも大きく見え、純粋に「カッコイイ…!」としびれました。

4.曽於市より野町民芸保存会【そば切り踊りは爆笑必須!】

今回一番の「衝撃」

恒吉日輪城が落城したときに、敵兵にそばを提供し命乞いをした…と伝えられている、

お隣、曽於市から披露しに来てくださったそば切り踊り。

これが、衝撃作でした…本当に面白かった!!

そばを作る行程を一つ一つ、紹介しながら作っていきます。

▲最後にお茶目なおじさんが。カメラに気づいて「てへっ☆」

「あこりゃ、あこりゃ、あこりゃこりゃ」が病みつきに…!!

そばができると、町に売りに行きます。

町に売りに行くには、まず化粧をしなきゃ!とおしろいを顔に塗ります。(笑)

できたそばは、観客席に投げる!そば投げてる姿初めて見ました!(笑)

みなさん、おやめにお召し上がりください!

5.通山ちろい倒し保存会【鹿児島弁がすごすぎる!ミュージカル!?】

生まれた子供の健全な成長を願って、踊る舞…舞なのかな!?もはやミュージカル…いやコント!?でした。(笑)

ストーリー仕立てで、話は男の子が生まれた親「ついやまどん」に、

郵便屋さんが手紙を持ってくるところから始まります。

▲手紙を読むと…お祝いに、「牛300kg、焼酎100本…」と豪華なお祝いの品を持ってきてくれるとのこと!

▲「あれ?なんか少なくない」「残りは後からトラックで持ってくるっじ!」

 

そして、ここが今回最大の衝撃。

…何者ーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!?

最後まで一切触れられずに、スッと登場して消える、この癖の強い生き物がなんなのか…

だれか教えてください!!!

その後、山?を倒すお仕事をしているおじさんが登場。ついやまどんは、山を倒してほしいそう。

料金交渉をして、合意の上お仕事をお願い!と思いきや…なかなか合意しない!(笑)

なんと、ここはアドリブだそう!

作業に入り、奥さんもお手伝いに。

▲焼酎飲んだり、たくあん食べたり…なかなか仕事をしない。(笑)

▲なんと、立ちション!!(笑)みんな腹を抱えて笑っていました。

無事に山が倒れて、「めでたし、めでたし!」

▲最後は登場人物全員で礼!あの生き物は触れられず…何なのー!?とっても面白い舞でした!

なんと、今でも男の子が生まれるとお家でこの舞を踊るそう。ぜひ今後も続けてほしい、楽しい舞でした!

6.蓬原中野八月踊り保存会【前見えてるの…!?独特の雰囲気!】

五穀豊穣・家内安全を祈願して水神様に奉納する「八月踊り」。

中秋の夜に、この集落で奉納してきた舞ですが、今は中野自治会だけが存続しているそう。

前が見えてるのかな!?と気になる見た目ですが、とってもかっこいい舞でした!

▲浴衣の女性と、前が見にくそうな格好の男性。由来を知りたいです!とっても雰囲気があってかっこいい。

7.志布志俵踊り保存会【男踊りらしく、力強い踊り】

米や油を千石船で搬出する際、豊年踊りとして踊られた「俵踊り」。

昔は、青年団中心の男踊りだったそうですが、確かに男らしく迫力ある踊りでした!!

女性が多いですが、本当に格好いい。勢いがあり、惚れる踊りですね!

▲俵を使ったパフォーマンスは本当にカッコイイ。女性とは思えない力強さで、しびれました。めでたい舞ですね!

8.中村芸能保存会【圧巻の手べし。まるで忍者!?】

最後は、中村芸能保存会の「手べし」。

今回、3組「手べし」と呼ばれる道具を持たずに手だけでの表現の踊りがありましたが、

中村芸能保存会の手べしは、全員全く同じ格好というのが特徴!迫力があり、とっても格好良かったです!

▲まるで忍者のような見た目。同じ格好で踊りもそろっていて、本当に圧巻です。カッコイイ!

 

取材を終えて

そばを投げるなんて思わなかったし、演技中に爆笑するなんて思っていなかった…色々とびっくりしました!(笑)

「衝撃」。この一言に尽きます。

どんな経緯でこの舞になってるんだろう、とか考えながら見ると、独創性があって本当に面白い。

昔、色々な願いを込めて作られた舞が、今も継承されていることは尊いことだと思います。

一方、どの保存会も直面している問題が「後継者育成」ということもわかりました。

披露する機会も少なくなり、知らずに育つ人も多いのではないでしょうか。

ぜひ、一度でいいから見てみてください。

自分が住んでいる土地に、こんな伝統芸能があること、知っているだけでも財産ではないのかな、と思います。

イベントカテゴリの最新記事