田舎フリーランス養成講座受講!頴娃で学んだことと、これから志布志でやりたいこと。

田舎フリーランス養成講座受講!頴娃で学んだことと、これから志布志でやりたいこと。

「フリーランス」って、ご存知でしょうか。

会社や組織ではなく、個人で技能を生かして働く、という働き方です。

この講座では、主にパソコンを使ってパソコン一つで仕事をしている方々から、

ライティング、アフィリエイト、サイト制作…など様々な技術を学びました。

 

私は、地域おこし協力隊として「情報発信」「商品開発」のミッションがありますが、

情報発信について専門知識がなく、やみくもに発信していました。

「発信する」ことは気軽にできる世の中ですが、発信することで効果を得ることはとても難しいことです。

 

私がどんな内容を学び、志布志でこれから何をやりたいのかをお伝えします。

 

学んだことと、できるようになったこと

①インターネットの仕組みが分かり、戦えるようになった!

インターネットに情報をUPすること自体はとっても簡単です。

ですが、情報を上げても「読みたい」人に届かないと意味がないですよね。

読んでもらえるためには、たくさんの戦術があります。

例えば、「キャンプ おすすめ 道具」など検索してトップにある記事は、

約1,670万記事という膨大な量の記事の中から1番に表示されています。

なんでもインターネットで検索する時代。

私がキャンプのおすすめ記事を書こうと思うと、1,670万記事と戦わないといけないのです!ひょえー!

大体のことがインターネットに載っているということは、その分ライバルが多いということですね。

でも、上にある記事でも、「欲しかった情報はこれじゃないんだよな…」と思うこともありませんか?

ということは、上に載っている記事でも、悩みを解決できていない部分があり、

もっとわかりやすく、これこれ!という記事が書ければ、戦える訳です!

②WEBライティングができるようになった!

これこれ!っていう記事になるためには、何が必要でしょうか。

WEBを見ている人たちは、私のファンではなく、会ったこともないだれかがほとんどですよね。

芸能人であれば、書きたいことを書いても「見たい!」と思いますが、一般の人が書きたいことを書いても「へえ…( ゚д゚)」となってしまいます。

ですが、ページにたどり着いているということは、

「何かの情報を欲して」このページを見てくださっている訳です。

そのお悩みを解決したり、見たいと思える情報を書くことで、見ている人のお悩みを解決することができます!

でも、その情報がどこにあるか、分かりやすく書かないと、見ている人は離れてしまいます。

講座では、分かりやすく書くためにどうすればいいのか、手法を学んできました!

③サイト制作もちょっとできるようになった!

中身がわかりやすくても、見た目が古かったり、ごちゃごちゃしていたら見る気が失せちゃいますよね。

ホームページは、見ている人に「ここにこれがあるよ!」とお伝えするための地図です。

凝ったレイアウトはできませんが、「ここにこれがあるよ!」くらいの内容は作れるようになりました!

 

・インターネットでの戦い方

・WEBで読んでもらえる文を書くための手法

・探したい情報にたどり着くホームページの作り方

をスキルとして学んできました。

週に一度行われる「自己対話」やりたいことは何か。

話は変わって、講座では週に1度、「自己対話」の時間があります。

・インターネットを使って何がしたいのか?

・フリーランスという働き方は手段であり、目的ではない…目的は何か?

など、参加者は各々やりたいこと、なりたい姿を考えます。

講座に行く前は、「志布志の情報発信をするためにはどうしたらいいのかな」と思っていました。

自己嫌悪と無力感、焦燥感…「志布志のために、何もできていない。」

情報発信をやったこともなければ、何をしていいのかもわかっていない。

志布志のために、何もできていない。

そんな気持ちを抱えながら、仕事をしていたことに気づきました。

田舎フリーランス養成講座も、「何かスキルを」「できることを」と考えた結果、受講しました。

けれど、考えれば考えるほど、

「あれ?志布志で何を情報発信しないといけないんだっけ?」

「志布志という名前を他の市と競って全国にとどろかせて、それで何がしたいんだっけ…」

「そもそもそんなことをできる力はない…無力であることを自覚したうえで、何ができるのかな…」

「協力隊が終わってからもやりたいことでないと、2年で終わる情報発信は意味がないのでは…」

いろいろ考えると、さらにこんがらがって、よくわからなくなってきました。

…色々考えた結果、志布志でやりたいこと

回り道をするようですが、色々学んだ結果今「やりたいこと」は…

「私が志布志で幸せに暮らしているのです!」と、志布志に住んでいるみなさんに知ってもらえるサイト作りです。

受講し終わって気付いたことは、「東京から志布志に帰ってきて、私は鹿児島が、志布志が好きだ!」ということ。

私にとっての志布志の暮らしは、東京で暮らしていた時よりとっても幸せで、豊か。

▲そば殻まくらを初めて作ってみたり…

▲四浦でスイカ割りをしてみたり。

▲うなぎをかぶってみたり…(!?)

 

 

「志布志での暮らしが幸せ。」

 

 

そう思っているのはきっと私だけではなく、たくさんの目線の志布志が、満たされていて幸せに映っているはずで…

そういうことこそが志布志の本当の魅力になるのではないかなと、ふと思いました。

もちろん、外から来てくださるみなさんに向けて、志布志ってこういうところなんだよ!と知ってもらいたい気持ちもあります。ですが、

いろんな経験をもって、今志布志で暮らしている人が、

どんな気持ちをもって志布志で暮らしているのか、志布志がどう映っているのか…?

想像するととってもわくわくしました。

 

あれ?これって、志布志の方も知らないことが出てくるんじゃないかな?

と思い、志布志の方に向けた志布志のメディアをやってみたい!と思うようになりました。

ド・ローカルメディア「わたしのしぶし」が始まります!

ド・ローカルメディアの「ド」は「ドS」のドと同じ意味で、つまり「ローカルメディアの中でもローカルメディア」を目指そうと思っています。

もしかしたら、中身はしょーもないかもしれません。(笑)

「Aコープの野菜が安かった!今日もちょっと茶色多めだけど、おいしいご飯を食べています!」

とか、

「今日は出勤中に藤が咲いていました!」

とか…そんな内容も書こうと思っています。

 

それでも、志布志の方がクスッとなったり、あっ、藤だ!と気づいたり、ちょっと幸せになってもらえればいいなと思って書く気でいます!

けれど、私が「ハッ!面白い!」と思ったことは積極的に取材をしたいですし、

志布志の人も知らない魅力が見つかるメディアになればいいなと思っています。

情報どしどしお待ちしております~!!

ライターさん募集します!

一人で記事を書くことも、一人で上げ続けることもなかなかに寂しくつらいものです…。

それに、私一人の目線では完成しないのが、このメディアです。

一緒に志布志を盛り上げたい!

とか、

WEBで記事を書いてみたい!

とか、

ちょっと幸せを私も発信したい!

とか動機はなんでもOKです。一緒に考えていきましょう!

一緒にこのHPの運営をしていただける方を随時募集しておりますので、ぜひいつでもご連絡ください~!

 

私は今、志布志で幸せに暮らしています!

私ひとりの力では、大きなことはできないけれど、

読んでくれた方がちょっとでも幸せになってもらえたら、と思っています。

志布志から「ちょっと幸せ」を発信すること。

志布志の人には、誇りに思ってもらえれば嬉しいし、

志布志の外の人には、少しでも魅力が伝わることを願っています。

みなさんの「ちょっと幸せ」が伝染して、

色々なことが生まれていったらさらに素敵だなぁと思っています。

このHPが、色々な「わたしなりの志布志」を蓄積する場になればいいなと思っています。

ちょっと幸せが毎日積み重なり、いつか何かが起こりますように。

そう思って、いつか起こるものに夢を膨らませながら、毎日少しずつ、種まきをしようと思います。

コラムカテゴリの最新記事