志布志のけせんハンドソープができました!@南大隅町ボタニカルファクトリー

志布志のけせん100%使用 ハンドソープができました!

先日、地域おこし協力隊3年の任期を3月31日付けで終えられた、舞草さんプロデュース!

志布志のけせんを使ったハンドソープができました。

南大隅町は根占にある、株式会社ボタニカルファクトリーさんに全面的にご協力いただきました。

ありがとうございます!

株式会社ボタニカルファクトリーって?

”平成26年3月。

廃校前の最後の卒業生はひとり。

ボタニカルファクトリーはその卒業生の後を引き継ぐ形で全国で初めて小学校跡地に化粧品工場をつくりました。

教室にクリーンルームを作り、かつての学び舎はボタニカルスキンケア工場に生まれ変わりました。”(公式HP:http://botanical.co.jp/より抜粋)

▲”学校”という役目は終えた登尾小学校ですが、今はボタニカルファクトリーさんという化粧品工場として生まれ変わっています。

見た目や中身は、ほとんどそのまま、学校です。

▲小学校の名前は残しながら、扉に社名を入れています。
私が、登尾小学校の生徒だったら…と思うと、学校の面影はそのままに今も使ってくれていること、とても嬉しいと思います。

オリジナルブランド”BOTANICANON”

”オリジナルブランドBOTANINCANON(ボタニカノン)は、『天然由来成分100%』で『アルコールフリー』。

近隣の大自然で採れた無農薬、自然栽培の素材を自社でアロマオイル、ハーブウォーター、エキスとして抽出し原料からこだわる「地産コスメ」を実現しています。”(公式HP:http://botanical.co.jp/より抜粋)

 

地産コスメ…!

無農薬や自然栽培というとどうしても食品に目が向きがちですが、毎日お肌に触れる化粧品も本当に大切なもの。

▲植物が使われているんだな~と一発で分かる、おしゃれな看板!

▲シャンプーや石鹸、ハンドクリーム、化粧水等…「やさしい化粧品」を幅広く作られています。

 

 

ハンドソープができるまで…

志布志市地域おこし協力隊の舞草さんと、ボタニカルファクトリーさんの綿密な話し合いの結果…

「大隅産たんかん」×「志布志産けせん」の香りで作ることとなり、当日は香りの調合からのスタート。

▲大隅産のたんかん。商品にはならない、小さなたんかんを使っています。

▲香りが伝わらないのが残念ですが、学校に入った瞬間からたんかんの良い香りがふわ~っと香ります…

みかんの香りって、嫌いな人いるのかな…と思うくらい幸せな香りです。

▲こちらはけせんの葉っぱと根っこです。

志布志産のけせんは、事前に抽出して下さっておりました。

舞草さんたちが生えているけせんを手摘みで摘んだものから香りを抽出…!手づくりです。

 

石鹸素地に香りをつけます。

石鹸素地を液状に加工したものに、香りを追加していきます。

もちろん、石鹸素地も合成香料や合成界面活性剤、防腐剤不使用。

▲ヤシ油やパーム油、オリーブ油、ツバキ油、ホホバ種油…と、

知識が無くても分かるレベルのお肌に優しい油でできた石鹸素地。

▲石鹸素地の香りを確かめる舞草さん。

どんな香りになるのか、とっても楽しみです!

 

いよいよ調合!

石鹸素地の香りを確かめたところで、いよいよ調合します。

けせんやたんかんの香りをうつしたフレーバーウォーターをどのくらい入れるかで、香りの強さが決まります。

▲事前に抽出してくださったフレーバーウォーターを測り…

▲混ぜる!!

 

当日は、4人で香りを確かめながら、けせんとたんかんのバランスを考えていきます…

どれも良い香り…!!と、迷いながらも最終配合を決めました。

 

ボトルに詰めます!

配合が決まったら、ボトルに詰めていきます。

ラベルは、先日まで地域おこし協力隊として活躍されました、江口さんのデザイン!

けせんの葉っぱとお花がとてもかわいく、自然な感じが表れています!

▲中身まちのボトルたち…

▲規定量を測り、詰めてキャップをして…

 

志布志グリーンアロマハンドソープ完成!

▲完成っ!!

▲早速泡の感じを試してみます…

たんかんの瑞々しい香りがふんわ~と香った後に、けせんがスッと爽やかさをプラス…

とってもいい香り…( º﹃º )食べたくなります

食べたくなる、といって本当に食べれる原料だけでできているから驚きです。(食べないでください笑)

 

洗ってみると、係長感動の一品でした。笑

「ハンドソープに関心無かったけど、違うのが分かるわ…」

とのこと。

具体的には、洗った後の手のふわっ感、しっとり感が普通のハンドソープとは明らかに違います…!

中年の男性でも洗っただけで分かるレベルの違いがあります!ぜひお試しください!

 

どこで試せるの?

今回は、テスト製造ということで残念ながら販売はしておりません。

使ってみて、アンケートにぜひお答えいただければと思います!

▲志布志市役所のお手洗い等に置いています。(置いてある場所リストができたら追記します)

QRコードを読み込むと、アンケートに答えることができます!(アンケートフォームはこちら

▲チラシも掲載中。

なんと、72時間内にほとんどが水と二酸化炭素に分解される…

環境にも手にも優しいハンドソープです。

綺麗なお水を守るために

種田山頭火絶賛のお水、志布志にしたたってます。

▲志布志には、種田山頭火が「飲まずには通れない水がしたたる」と句を詠んだほどのお水が流れています。

水が綺麗で美味しいから、志布志の鰻もお茶も、農産物も美味しく元気に育つ。

それこそ、志布志の資産であり誇れるものです。

ですが、住んでいる側からすると一番実感しにくい、当たり前の資産なのではないでしょうか。

 

綺麗な水を維持するためには?

▲こちらは、志布志の協力隊が発行する「じわじわしぶしvol.3(昨年9月発行)」です。

▲舞草さんのコーナー、しぶしごはんに生活排水のことが書いてあります。

▲志布志には公共の下水道が無く、浄化槽でお水を綺麗にしています。

浄化槽は、微生物の力で分解してくれています。

例えると、金魚鉢…金魚(微生物)が生活できる環境を整えますが、

ビニールやたばこの吸い殻は食べることができなかったり、栄養分が多すぎると食べきれなかったり…

金魚が生きていける環境にできるかどうかは、私たちが流すもので決まる訳ですね!

私たちがどれだけ意識を高められるかで、10年後・20年後の水は全く変わるかもしれません。

ボタニカルファクトリーさんで販売中!

ボタニカルファクトリーさんでは、ハンドソープ以外にも食器用洗剤や石鹸、シャンプー等も作られています!(http://botanicanon.com/

私も、ハンドソープの洗い心地に感動してその場で石鹸を購入し、2週間毎日洗顔に使っていますが、

肌が弱い私でもしっとりしていい感じです^^

志布志に来てから手荒れが治ったのですが、石鹸使ってからニキビも消えました(笑)

(回しもんではないですよ!笑)

体験もあるそうなので、自分に合う化粧品作りたいな~と思います^^(体験はこちら

 

舞草さんの集大成…

3年間の協力隊生活で、いろ~いろなことをされた舞草さんの活動をまとめた冊子が刊行!

先日、3月30日の任期最後の日にお披露目会がありました。

里山生活については、また別途記載予定!

▲表紙だけチラみせ…

内容は後日紹介!

 

次回は、楠田淡水さんの可愛い可愛い鰻を紹介します!

見学に行くと鰻がどんどんどんどん可愛く見えてきて…悶絶でした。(笑)

お楽しみに~!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA