こんなにあるの!?変わり種お雛様9選 @志布志埋蔵文化財センター

こんなにあるの!?変わり種お雛様9選 @志布志埋蔵文化財センター

3/3はひなまつり

今日は桃の節句、ひな祭りですね。

志布志の埋蔵文化センターで行われている、志布志のひな人形展に行ってきました。

ひな人形がズラリ!!

予想以上に変わり種ひな人形がとても多く、とっても見ごたえがありました。

中でも、今回は選りすぐりの「変わり種ひな人形」9選をご紹介します。

 

①名古屋城!?しゃちほこ付き天守閣のおひなさま

7段の豪華なお雛様…と思いきや、さらに豪華なお城に入っています!

豪華すぎて…高砂のお雛様とお内裏様の顔が見えない!

 

②ミニミニ!小人のおひなさま

このお雛様、人差し指程度のちっこいお雛様です。

ちっこいお雛様が集まっている姿が可愛い~

 

③縁起がいい!だるまさんおひなさま

ころん…と転がってしまいそうなだるまさん型のおひなさま

④木彫りの…クマならぬおひなさま

木彫りの…お雛さま!

1本の木を彫っているのが分かりますね。

⑤陶器のつやぴかおひなさま


つるっぴかっと光っていて、触りたくなるおひなさま。

手前の狛犬(?)の表情がなんともいえず可愛い…

 

 ⑥伝統が感じられます…薩摩の糸びな


江戸時代に生まれた、薩摩の糸びな。
戦前まで、女の子が生まれた家に贈る習わしがあったそう。

一本の割竹で出来ており、顔がありません。髪が麻糸でできているので、糸びなと呼ばれているそうです。

⑦ハマグリの貝で縁起物 貝びな

はまぐりの貝をちりめんでくるんだ貝びな。

はまぐりは、対となる貝殻としか組み合わせることができないので夫婦円満、貞節の象徴とされるそう。

 

⑧まさかの立ち姿!!吉野雛

桜の木を彫って出来た吉野雛。(写真左)

日本で作ることができるのは、今やたった一人だそう。

とっても貴重!

 

⑨土製!?薩摩の土人形

つ…土!?

美山の方で作られたのでしょうか。。。

色も綺麗に残っていて、動きがあって綺麗です。

 

【番外編①】全部手作り!?さげもん

なんと、ほとんどお一人の方が、それぞれの人形の素材を集めて作って、つるして…と

100%の手作りで作られたそう!びっくり!!

 

【番外編②】かわいらしいミニミニおせち

ち…ちっちゃ…!!

ガチャガチャに入る大きさのおせち。かわいい…!

 

展示は3/4(日)まで!

いかがでしたでしょうか?

珍しいおひなさまたちは、明日3/4(日)まで、志布志埋蔵文化財センターで見れますよ。

もちろん、その他のひな人形もた~くさん!

ぜひ、足を運んでみてくださいね~

もうすぐ春ですねぇ…

 

志布志市埋蔵文化財センター

〒899-7104 鹿児島県志布志市志布志町安楽41-6

電話:099-472-0140

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(国民の祝日の時は翌日)、12月29日~1月3日

入館料:無料

※ひな人形展は2018年3月4日まで

イベントカテゴリの最新記事